株をやる前に必ず株の知識を学んでおきましょう。株の仕組みについてしっかりとした知識がないと運用することが難しいです。こちらでは株をこれから始められる方のために、株の基礎知識をご紹介していきます。

初心者が始める前の株の基礎知識

株入門サイトならここをチェック
初心者が始める前の株の基礎知識としては、まず各種の株価指標を覚えておくことが挙げられます。この株価指標を覚えておくと、個別の企業の株価が割安なのか割高なのかの判断が付くことが期待できるようになってきます。主な指標としてはまずPERがあります。PERは株価収益率となっており、一般的には数値が高いほどに割高に買われていて、逆に数値が低いほどに割安となってきます。次に主な指標としてPBRがあります。PBRは株価純資産倍率となっており、数値が高いほどに割高で数値が1だと純資産と同等の評価がされており、1以下だと一般的に割安に放置されていることになります。次に近年注目を集めている指標としてROEがあります。ROEは株主資本利益率で資本を有効に使っているかを示しています。ROEは10%以上になっている企業が、評価が高くなる傾向が出ています。この他にも様々な指標がありますが一つ一つは万能な指標ではないため、それらの指標を複数調べてから総合的に企業の評価をすることが大事となってきます。さらに初心者が始める前の株の基礎知識として、各種の財務諸表を読めるようにすることが挙げられます。財務諸表では初心者はまず損益計算書を読めるようにすることが重要です。損益計算書では企業の決算ごとの売上高や営業利益、経常利益、純利益などを知ることが可能になります。また、それらの数字から営業利益率や純利益率を計算することができ、企業の収益性を判断することができるようになります。また、年度ごとの損益計算書を比較することで、前年比からの売上げの伸びや営業利益の伸びなどを知ることも可能となります。前年比の売上げや営業利益の伸びを知ることで、企業の成長性を判断することができるようになります。

◎永久保存版の仕手株情報
仕手株